甲状腺疾患|ひらいクリニック|光明池駅の乳腺外科

〒590-0138 大阪府堺市南区鴨谷台2丁1番3号アクトビル1階
  • 072-294-2010
  • 072-2942-2011
WEB予約
  • 診察カレンダー
  • ヘッダー画像

    甲状腺疾患

    甲状腺疾患|ひらいクリニック|光明池駅の乳腺外科

    甲状腺疾患

    甲状腺は、首の中央、気管の前面にある小さな臓器です。甲状腺はホルモンを分泌する臓器で、全身の発育を促進したり、新陳代謝を盛んにしたりする甲状腺ホルモンを作っています。そのため甲状腺の病気は、このホルモンのバランスがくずれた状態(甲状腺ホルモンが多い、または少ない)となりますが、そのほかに甲状腺にしこりができる(甲状腺腫瘍)こともあります。よって、甲状腺疾患の診断は甲状腺の機能をみる検査(採血検査)と甲状腺の形態を見る検査(超音波検査)によってなされます。

    甲状腺の病気にはどんなものがあるか?

    甲状腺ホルモンが多い

    パセドウ病、亜急性甲状腺炎、甲状腺機能性結節等

    主な症状

    • 首のはれ
    • 動機
    • 発汗
    • 下痢
    • 体重減少
    • 目が出る(眼球突出)、等

    甲状腺ホルモンが少ない

    橋本病、粘液水腫等

    主な症状

    • 倦怠感
    • むくみ
    • 便秘
    • 体重増加
    • 首のはれ、等

    甲状腺のしこり

    甲状腺腺腫、腺腫様甲状腺腫、甲状腺悪性腫瘍等

    甲状腺疾患の検査

    血液検査による甲状腺ホルモン測定と超音波検査を行っています。甲状腺腫瘍に対する超音波検査では、必要に応じて超音波検査を行いながらの穿刺吸引細胞診検査(採血針程度の細さの針を穿刺し、腫瘍から細胞を採取する検査)を行います。

    PageTopへ